神奈川工科大学

構成メンバー 構成メンバー

img-koikeayumi
応用バイオ科学部・教授
小池あゆみ

研究代表者
プロジェクトリーダー

研究プロジェクト
医療技術の革新に貢献するバイオ機能材料開発の研究拠点形成

研究テーマ
バイオ機能材料の開発とその有効性検証

研究概要

シャペロニンは、水溶液中で安定かつ均一な立体構造をとり、直径約5 nmの空洞を持つ生体由来のタンパク質です。細胞内では、シャペロニンは変性タンパク質を空洞に内包し、一定時間後に再生したタンパク質を放出するため、天然の開閉制御型ナノカプセルといえます。本研究では、シャペロニンナノカプセルに芯物質を内包し、機能性DDS素材として応用することを目指すとともに、基板(金属、ガラス、半導体)上に固定化することでバイオセンサ、バイオチップ等への応用も検討します。

1